新車などに買い替える場合に、今まで乗ってきた車を買ったディーラ

中古車買取業者の中には、事故車や輸入車や軽自動車など、あ

新車などに買い替える場合に、今まで乗ってきた車を買ったディーラーへ下取りに出すことが結構あると思います。でも、ほとんどの場合、下取りでは納得いくような査定をしてもらえることはないものです。


しかし、ネットの買取り専門店に売却する場合は、車を下取りする場合よりも、高額に査定してもらえることが多いでしょう。

車査定では、走行距離が長ければ長いほど不利な評価を受けます。

一つの目安として、10万キロを超えると、高級車や名車と言われていてもゼロ円で査定されると考えて良いです。同じ走行距離で、乗った期間が長いものと短いものを比べると、短いほど査定では不利になります。短期間でより多くの距離を走ったと文句なしの判断材料にされるためです。買い取り業者に車の査定をしてもらう時車検を済ませておいた方がいいのかどうか、判断しかねて迷う人も多くいるようです。

ですが、この問題に関しての正解は出ています。


なにしろ、車検の期限直前の車を、査定額を少しでも高くしたい、という目論見から車検を律儀に通したところで、車検のために支払う金額より車検を済ませたことによるプラス査定分が大きくなる、ということはあり得ません。売ろうと思っている車が車検切れ直前なら、もう車検を通そうとはしないで、現状のままで査定を受けてしまっても問題はありません。

逆に車検を通すと、その分損をします。



車を査定するときはトラブルも起こりやすいので、注意が必要となります。オンライン査定と実車査定の金額がかなり違うという時も多々あります。

このような問題の発生は良く起きることですから、納得できない買取りはやめましょう。

売買契約後になるとキャンセルが困難なので、よく考えてください。個人間で車を売買するよりも、車の査定をお願いした方が、お勧めです。個人売買よりも車査定で売った方が売却額が高値になることがよくあります。マニアが好きそうな市場にあまり出回っていない車だと個人売買の方がお勧め出来るかもしれませんが、それ以外の車の場合には車査定で買取をしてもらった方が確実に高値で売れます。

現実の査定に出して示された金額は、永遠に有効なわけではありません。
中古車の相場価格は流動的なものですから、最終的な査定金額にはある程度の期間保証を付けて提示しているところが多いです。その車の見積金額を提示されたときに売ることを躊躇してしまうような場合は提示された査定金額通りに買取をしてくれるのは何時までか事前に必ず聞いておくべきです。


保証期間に関しては交渉次第と言う部分もあるのですが、期間が結構長いと無理だと言われることの方が多いはずです。車を売却する際は、高い金額で買い取ってもらいたいものです。



その時には、注意すべきことがいくつかあります。



それは、査定を行う担当者に嘘を言わないことです。相手はプロの査定士ですから、嘘は簡単にばれてしまいます。

ウソをついてもいいことなんて何もなく、イメージが悪くなってしまい、マイナス効果となってしまうのです。万が一、中古車を買取に出すとき必要不可欠な納税証明書がなくなってしまったという場合には自動車税を納めた都道府県の税事務所で再発行してください。

もしくは軽自動車であれば、市役所または区役所で手続きしてください。



もしも、失くしたことに気づいたら速やかに再発行し、車の買取の時にはさっと出すことができるようにしておきましょう。中古車市場において、ボディカラーは見積額に直に反映されます。

白色や黒色などの無難な定番カラーは安定した市場人気を持っているので、見積金額が高くなることが期待できます。その上、シルバーは定番色であることにプラスして車体の汚れが目に付きにくいという利点があるので人気も高いです。


これらとは反対に、それ以外のボディカラーの場合は、見積額が高くなるとは考えにくいのです。

車を査定するときには流行している車体色だとしても、流行は一時で、買い取ってから売るまでには流行が終わっている可能性が高いからです。
単純に考えても、自動車を買いたい人がたくさんいる時期の方が、売却側にとっても自動車が高く売れる好機であるのです。

自動車を購入したいという需要がアップすればその分だけ供給は必須になり、当然のように買取金額も上昇します。

9月と3月は会社の決算月なので通常よりもお店は車の販売に力を入れてきますから、交渉次第では買取額がアップする可能性が高いのです。


9月は決算月であることに加えて、夏のボーナスが出ていることもあり車を購入する人が多くなりますから売却にも有利な時期です。